2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 京都・洛東 京都新緑事情2024 ~建仁寺 4.25~ | トップページ | 京都・洛東 柳並木2024 ~白川 5.2~ »

2024年5月 5日 (日)

京都・洛東 新緑2024 ~正伝永源院 4.25~

Syoudeneigenji2405051

建仁寺から境外塔頭の正伝永源院に来ました。織田有楽斎縁の寺ですが、ここは普段は非公開で、春と秋に特別公開が行われます。

Syoudeneigenji2405052

この数日前にツツジが見頃となっていると聞いてきたのですが、残念ながら既に盛りは過ぎていました。地面に沢山花が落ちていたところを見ると、たぶんこの前日に降った雨で散ってしまったのでしょうね。

Syoudeneigenji2405053

この寺に来たのは二度目で、前回は何年前か忘れてしまいましたが、当時は無かった大きな石塔が庭に建っていました。これは武野紹鴎の供養塔で、元々この寺の前身である正伝院にあつたのですが、廃仏毀釈によって正伝院は廃寺となり、供養塔は藤田家が所有するところとなりました。以来、大阪の太閤園に置かれていたのですが、2021年に太閤園が売却された事を機に、正伝院の後継であるこの寺に帰ってきたのでした。丁度織田有楽斎没後400年の年だったそうで、こういう奇縁もあるのですね。

Syoudeneigenji2405055

庭の片隅にあるのが国宝如庵の写し。如庵は有楽斎が建てた茶室で、オリジナルは正伝院が廃寺になった時に祗園の有志に払い下げられ、その後変遷を経て犬山市に移築されて、今は有楽苑で公開されています。ここにあるのは30年前に復原されたもので、細部まで正確に再現されているとの事です。前回来た時は団体さんに巻き込まれてしまい、この茶室をじっくり見る事が出来なかったのですが、今回はゆっくりと見る事ができたので良かったです。

Syoudeneigenji2405056

正伝永源院に入ってすぐにあるのが有楽斎の墓。隣に有楽斎の妻の墓、向かいに細川家代々の墓があるのですが、大きな石塔がいくつも並んでいるのはちょっと独特な雰囲気がありますね。これを見るのも二度目ですが、やっぱりなかなか馴染めないな。

来年はツツジが盛りの時に来たいです。上手くタイミングが掴めるかどうか、アンテナを高くしておかないといけないですね。

« 京都・洛東 京都新緑事情2024 ~建仁寺 4.25~ | トップページ | 京都・洛東 柳並木2024 ~白川 5.2~ »

洛東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都・洛東 京都新緑事情2024 ~建仁寺 4.25~ | トップページ | 京都・洛東 柳並木2024 ~白川 5.2~ »