2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 京都・洛東 青紅葉2024 ~青蓮院 5.2~ | トップページ | 京都・洛東 青紅葉2024 ~粟田神社 5.2~ »

2024年5月 9日 (木)

京都・洛東 青紅葉2024 ~尊勝院 5.2~

Sonsyouin2405061

青蓮院の前の坂を下り、粟田神社へと向かう途中に元三大師と書いた石碑があります。この石碑に気付いたのは40数年前の事、以来この先には何があるのかなと気になっていました。その答えが出たのは20数年前の事、京都の散歩道というボムページを作るためにこの奥へと向かったのでした。

Sonsyouin2405062

石碑が設置されている以上そう遠くないとこにありそうなものなのですが、意外な程奥があります。ここに来るのは四回目、今回は17年ぶりに訪れたのですが、こんなに階段があったっけと、すっかり忘れていました。当時の記事を読み返すときつい坂と書いているのですが、すっかり体力の落ちてしまった今の私にはさらに厳しく、途中で息が切れてしまいました。時の流れとは残酷ですね。あえぎながら登った先に見えたのがこの景色です。

Sonsyouin2405063

この寺の名は尊勝院、詳しくは17年前の記事を参照して頂くとありがたいのですが軽く触れると、元は尊勝坊という延暦寺の一坊でしたが、後に山から下りて青蓮寺の裏に移り、尊勝院となりました。応仁の乱で戦火に巻き込まれて焼失してしまいますが、豊臣秀吉によって再建されたのがこのお堂です。大正4年に現在の地に移されていますが、お堂の主要な部分は秀吉が再建した当時のままで、中に入ると安土桃山期の寺らしく極彩色に彩られていた名残を見ることが出来ます。

Sonsyouin2405065

この寺は第十八代天台座主の良源上人を祀っているのですが、良源上人の別名を元三大師(正月三日に亡くなったという由来)と言い、この名の方が有名な事からこの寺は元三大師堂とも呼ばれる様になりました。坂の下の石碑はこの事を指していたのですね。延暦寺の千日回峰を終えた行者が元三大師に報告に訪れるのがこのお寺で、その際に渡るのが一本橋(行者橋)です。

ホームページを作った当時には何も説明書きが無く、あちこちを調べて作った記憶があるのですが、一年後だったかな、ねこづらどきの為に再び訪れた時には立て札が出来ていました。新しく作ったのかなと思ったのですが、なんとこれが私の作ったホームページを印刷したものでした。いや、驚くと共に嬉しかったですね。ちゃんと見つけてもらい、中身も認めて頂いたという事ですから、作った甲斐があったというものです。今は京都市が作った立派な駒札になっていますが、懐かしい思い出です。

Sonsyouin2405066

ここは将軍塚への登り口にもなっているのですが、結構人が通りますね。そんな中に外人さんも居たのには驚きました。こんな道は地元の人しか知らないと思っていたのですが、海の向こうでどうやって情報を得たのでしょうね。最近の外人さんの情報網は侮れないと思った次第です。

帰り道、落ち着いて周囲を見渡すと随分と変わっている事に気づきました。まず新しい旅館が出来ています。四棟からなる一棟貸しのホテルの様ですね。こんなところで商売になるのかなと思ったのですが、意外と人気がある様です。もう一つ変わっていたのが老舗の粟田山荘が閉店していた事です。元は別荘で、その後京都ホテルが所有し経営していた料理旅館だったのですが、三年前に売却していたとの事です。名園もある歴史のある建物なのに今後の利用計画は未定だとか。なんとも惜しい事だと思います。

« 京都・洛東 青紅葉2024 ~青蓮院 5.2~ | トップページ | 京都・洛東 青紅葉2024 ~粟田神社 5.2~ »

洛東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都・洛東 青紅葉2024 ~青蓮院 5.2~ | トップページ | 京都・洛東 青紅葉2024 ~粟田神社 5.2~ »