2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 近江八幡の旅2024 ~近江商人の家並みとヴォーリーズの足跡 3.14~ | トップページ | 近江八幡の旅 ~八幡堀 3.14~ »

2024年5月17日 (金)

近江八幡の旅 ~日牟禮八幡宮 3.14~

Himurahachimangu2405121

近江八幡の中心になっているのが日牟禮八幡宮です。伝記に依れば131年に成務天皇の命によって創建されたという大変古い由緒を持ちます。さらに275年にこの地に行幸された神武天皇が二つの日輪を見るという奇瑞があったため、社を建てて日群之八幡宮と名付けられました。

Himurahachimangu2405122

元はこの地はこの神社にちなんで単に八幡と呼ばれていましたが、昭和29年の市政施行の時に福岡の八幡市との混同を避けるために近江の字を付け、現在の近江八幡市となったという経緯があります。もっとも、市政施行以前から近江八幡という呼称はあり、駅名などに既に使用されていたことから市の名前としたという説もありますね。

Himurahachimangu2405123

991年には一条天皇の勅願により八幡山の上に宇佐八幡宮を勧請して上の社とし、山麓に遙拝所を作り下の社としました。その後、八幡山城の築城に伴い上の社は日杉山に移転される事となったのですが、城主であった豊臣秀次の自害によって計画は頓挫し、下の社だけが残り現在に至っています。

Himurahachimangu2405125

本殿の横にあるのが鏡池。虚偽の心で水面に顔を映すと池に没するという言い伝えがあります。もっとも、水が濁っているので、のぞき込んでも顔が写るという事は無いのですけどね。昔は鏡のように澄んでいたのかな。

Himurahachimangu2405126

鏡池の後ろには鏡岩という大岩が聳えています。神座を守る岩とされる、迫力満点の岩です。ここで参拝を済ませた後は八幡堀周辺を散策する事とします。

« 近江八幡の旅2024 ~近江商人の家並みとヴォーリーズの足跡 3.14~ | トップページ | 近江八幡の旅 ~八幡堀 3.14~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近江八幡の旅2024 ~近江商人の家並みとヴォーリーズの足跡 3.14~ | トップページ | 近江八幡の旅 ~八幡堀 3.14~ »